ミニョンズ★*Diary

ドラマなどエンタメの話を書いてみます♪(ミニョン☆の備忘録の別室)

スポンサーリンク

コード・ブルー3 第4話 あらすじ 命とその人が命よりも大事だと思っているもののどちらを選ぶのか

皆様に感謝です。

4月から始めたこちらのブログです。

低空飛行を続けていましたが、少しずつ順調に行き始め、

8月日はPVが・・100を越えました!

読んでいただいている皆様のおかげです。

ありがとうございました。

ブログを書く励みになります。

 

はてなにはたくさんのブロガーがいらっしゃるので、実はまだあまり

読みに行けていません。

もしよろしければ、スターなど足跡を残していただければ、時間が

かかっても訪問させていただきます。

初心者ですが、今後ともよろしくお願いします。m-m

あらすじ

藍沢耕作(山下智久に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信から入る。新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。望みは藍沢の説得なのだ。しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。

そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。同時に橘啓輔(椎名桔平には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。すると優輔の口元には吐血した痕跡。三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、初療室で優輔の処置に当たる。

一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)雪村双葉(馬場ふみかは河川敷に降り立つ。事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。

藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子は少年の治療にあたる。白石恵(新垣結衣たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。

第3話から続く 天野奏(田鍋梨々花)の話

期待される14歳の天才ピアニスト。しかし彼女の脳は腫瘍におかされていた。指先の動きなどを司る様々な中枢が入り込んでいる部分に腫瘍を抱えている。今手術をすれば奏の命は守られるが、ピアノを弾けなくなるというリスクが伴う。両親は早期の手術を望むが、拒否し続ける奏に現在の担当医、新海広紀(安藤政信は頭を悩ませていた。

”命とその人が命よりも大事だと思っているもの。どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?“。藍沢耕作(山下智久はあらためてこの問題に向き合っていた。

藍沢は「医者は一番に命を救うことを考えなきゃいけない。」と言ってましたが、悩ましい問題ですね。

どう声をかけるのかが、見どころになりそうです。